お知らせ
    黄色い薬

    ヘルペスウイルス感染に対する治療薬として性器ヘルペスなどの治療に頻繁に使用されているのがバルトレックスです。
    バルトレックスに含まれている有効成分はバラシクロビルと呼ばれるものであり、バラシクロビル自体はヘルペスウイルスに対して効果をほとんど示すことがありません。
    しかし、バラシクロビルは身体の中で変換されてアシクロビルになります。
    そうすることによって抗ヘルペスウイルス作用を示す有効成分として機能するようになります。

    こういった形でプロドラッグとされているのがバルトレックスに含まれているバラシクロビルの特徴です。
    バラシクロビルとすることによって腸からの吸収率を高めたというのが一つのメリットであり、アシクロビルでは10%から20%程度しか吸収されなかったのがバラシクロビルの場合には54.2%にまで向上しています。
    これによってより少ない投与量で十分な量の有効成分を体内に届けることができるようになっているのがバルトレックスの特徴です。

    アシクロビルを含む製剤に比べると一日の投与回数を減らすことができているというのが特に有用な点であり、一日に五回も投与しなければならなかったのが一日に一回から三回程度で済むようになっています。
    これによって食事と合わせて飲むといった形で飲み忘れを減らすことができるようになり、ヘルペスウイルス感染の治療を正しく行いやすくなっています。
    また、性器ヘルペスにおいてはバルトレックスを再発予防に用いることも多く、投与回数が少なくて済むのは患者にとってストレスを軽減するのに大きく役立ちます。
    量を減らすだけでなく、ストレスも減らすことができるメリットがあるのがバルトレックスです。
    通販を利用してバルトレックスを購入しヘルペス治療を開始されるとよろしいでしょう。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ
        サイト内検索
        人気記事一覧